スイス銀行(プライベート・バンク)の無料口座開設FAQ

 

スイスのプライベート・バンク、

プライベート・バンキングについてのFAQ (よくある質問)

 

 

 

7.     スイスのプライベート・バンク口座(スイス銀行口座)を開くにはどのくらいの費用がかかりますか

口座開設自体に費用がかかることはありません。どんな銀行であっても口座開設に際して手数料をとることはあり得ない(ただし、口座の維持管理手数料は普通かかります)ので、もしどこかで「口座開設にウン万円(またはウン十万円)の手数料がかかる」と言われたなら、それは銀行の手数料ではなく、ファイナンシャル・アドバイザーやコンサルタントがとる手数料です。

実は、良心的な銀行は、このような業者が「口座を開くだけで手数料をとる」ことを快く思っていません。それもそのはずで、当の銀行は、顧客の資産を保全したり運用したりすることから収益を得ているので、「口座開設」という、保全でも運用でもなく、それ自体が利益を生み出すことのない行為に対して手数料を課すというのは、良心的とはみなされないのです。

そもそも、現在のような低金利で、金融情勢の厳しい時代に、口座開設手数料をとるなどということは、「資産運用」という観点からして著しく合理性を欠くと言わざるを得ません。

当方のプライベート・バンク口座(スイス銀行口座)に関するサービスは情報提供のみです。従いまして例外なく無料で受けられますので、安心してご利用いただけます。

ただし、プライベート・バンカーと面談するための交通費、日本から国外に送金するための手数料(利用する銀行によって異なります。念のために申し上げますが、当方やプライベート・バンカーが代理で送金することはありません)等はかかりますので、全く費用がかからないというわけではありません。

 

 

 このサイト(cs-trans.biz)では、スイス銀行(プライベート・バンク)の口座開設に関する情報を無料でご提供しております。

 

 スイスのプライベート・バンクと呼ばれる銀行には、次のような特徴があります。

     顧客資金は銀行資産と分離されて保護されるので、銀行の財務状態の影響を受けない。

     優秀なマネジャーによるきめ細かな対応。特に日本人顧客に向け、日本語の環境を整えている銀行もある。

     大手銀行と異なり、自己勘定での投資等をしない。従って金融危機の影響を受けにくい。

     保守的なスタンスにかかわらず、運用成績に優れる。

     よく知られたスイス銀行法だけでなく、スイスの文化とも言える厳格な秘密保持。

 

希望される方は、「お名前」、「ご住所」、「電話番号」を記載の上で、info@cs-trans.bizにメールをお願い致します。スイスより日本語で電話の上、情報提供されるように手配致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Japanese Links

Open your Swiss Bank/Private Bank Account for Free

Create your own Intellectual Properties

 

English Links

[Private Bank Account Opening] [Private Banks and Private Banking] [Hedge Funds vs. Private Banking] [Swiss Bank Directory] [Swiss Private Banking FAQ]

 

[Home] [Japan Law]

[Swiss Private Bank Account for Free] [Offshore Trust vs. Liechtenstein Foundation]